MVNO(仮想移動体通信事業者)とは

既存の携帯キャリア(ドコモやau、ソフトバンク)の提供するデータ通信サービス(3G・LTEなど)を利用して、
独自に移動通信サービスを提供する電気通信事業者の総称。
※現時点ではデータ通信のみが利用可能で、SMSや音声通話に対応していないサービスが大半なので注意が必要です。

ドコモ・au・ソフトバンクと年間契約するよりお得?

LTE技術の実用化で、さらに高速通信が可能となった日本の携帯電話ですが、その高速通信を100パーセント楽しむにはやはりスマートフォンが欠かせません。でも、上記の3社いずれも最新の機種を入手するには月々の割高なデータプランに同時加入しなくてはなりません。「スマートフォンは欲しいけど、毎月6千円以上払うのはちょっと…」、「LTEで高速通信してみたいけど、最新端末は高くて手が出せない…」という具合に既存の携帯キャリアとの契約を躊躇している方、そんな悩みをMVNOはすべて解決してくれます。 一般的なスマホ契約時の月額料金が6千円~8千円であるのに対し、MVNOプランの月額料金はなんと0円~。 もちろん月額0円プランにしろ、ほぼすべてのMVNOのプランにいくつのかの条件は付くのですが、今あるもっとも高いプランでも月額4,000円にも届きません。 また、現在あるほぼすべてのMVNOプランは途中解約手数料を設定していないため、月単位での契約変更が可能。そしていつでも解約できます。 料金プランは多彩すぎるため、このページでは紹介しきれないのですが、とりあえず見てみたいという方はこちらのページをご参照ください。 それでは、次に、MVNOプランを利用するのに必要なものを紹介します。

MVNO必須アイテム+端末入手法

Exif_JPEG_PICTURE

SIMカード (契約したMVNO事業者から提供されたもの)

現在MVNOで利用されている回線の大半がドコモの回線なので、ドコモで契約した携帯端末であればすぐにお好みのMVNOプランに移行できます。

クリックしてSIMサイズ確認 (主流はMicroSIM、nanoSIMはiPhone5)
標準SIM(25mm×15mm×0.76mm) MicroSIM(12mm×15mm×0.76mm) nanoSIM(8.8mm×12.3mm×0.67mm)
img59188186

各種SIMフリー端末(スマホ、タブレットなど)

各社対応端末であれば、SIMロック解除手続きによって現在使っている携帯電話をSIMフリーにすることが可能。料金は下記の通り。

ソフトバンク 3,150円 対応機種・詳細 ドコモ   3,150円 対応機種・詳細 AU     2,100円 ショップにて要確認

※auの携帯電話は通信方式がドコモとは異なるため、現時点ではほぼすべてのMVNOは利用できません。

SIMフリー端末の入手方法

auction-sites

 

SIMフリー端末の入手は初心者にとっては最もハードルの高いステップだと思うので、
今回は最も簡単な方法を2つだけ紹介します。

 

  • ヤフオクその他オークションサイトにて落札
  • SIMロック解除手数料を支払ってSIMフリー化(※対応端末のみ)

やや上級者向け

  • 転送業者を利用して海外から個人輸入
  • 海外オンラインショッピング (Aliexpress.comeBay.com
どちらも英語でのやりとりが必須となってしまうのですが、 数多くの商品が日本への発送に対応しています。

ただ、発送にはそれなりの時間がかかってしまうため、喉から手が出るほど欲しいという時以外は手を出さない方が無難かと思います。

以上、SIMフリーの概要でした。
これを機に既存の携帯キャリアに縛られず、自分の生活スタイルに合ったデータプラン、携帯端末を選ぶ楽しみを発見していただけたら幸いです。SIMの交換作業等など、最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、海外ではSIMカードの入れ替えというのは割と一般の人にも浸透していることで、今後拠点を海外へ移動したり、頻繁に海外出張へ出かける方にとっては必須スキルになるのではないでしょうか。また、旅行好きでよく海外へ行くけど、たいして使いもしないモバイルデータプランにお金を払うのはもったいない!と感じている方にも是非SIMフリー機の素晴らしさを実感していただけたら嬉しい限りです。

 
APNの設定方法はこちら
 

Pocket