無料通話アプリ徹底比較

最近はMVNOプランのバリエーションも豊富になってきていて、SIMフリー端末利用者もだいぶ増えてきた気がします。まだまだ大手携帯電話会社のようにサポートが拡充されているわけではありませんが、それでも毎月の通話料・通信料を安く抑えたいという人にとっては十分「使える」プランも出てきて今後ますます無料通話アプリにも注目が集まりそうです。そこで、今回は自分の所有している複数の端末でアプリを実際に使用してみた感想や、知人・友人・2ちゃんねる・Facebook・Twitterとにかくいろいろな場所で見聞きしたレビューなどを参考にまとめてみました。

異論・反論多数あるとは思いますが、あまりムキにならずに目を通していただけると幸いです。

 

line LINE
NAVER Japan Corporation
iPhone版
Android版
知り合い同士と一緒に楽しむメッセンジャーアプリとして2011年6月に登場したLINE。 同年12月に全世界で1000万ユーザーを突破し、2012年11月には7600万ユーザーを突破して勢いが衰えないLINE。 このアプリの最大の特徴はスタンプを代表としたコミュニケーションの手軽さと利用者数が多いということ。 LINEが人気なのは無料通話はもちろん、チャット時の「スタンプ」。あのカワイイ(?)スタンプが注目を集め、今ではアニメも放送されるほどに。

他にも写真、動画、音声メッセージ、位置情報、連絡先の投稿が可能です。lineの詳しい使い方はコチラから。

 

通話品質:★★★

無料とはいえ品質にはやや問題あり。特に3G同士での通話は注意が必要。一応PCでも通話ができるます。

 

チャット:★★★★★

もはや言わずもがなですが、スタンプのバリエーションがとても豊富で、もはや言葉を使わずスタンプだけでのコミュニケーションを図ることもできるほどに。

 

 

利用率:★★★★★

世界的有名なFacebookのユーザー数の増加より早いペースで増えています。国内だけで見てみるとLINEの利用者数はトップかもしれません。

 

 

総合評価:★★★★

唯一の欠点が通話品質ですが、チャットメインでの利用でも十分楽しいですので、利用者もとても多いです。大学生や合コン好きなサラリーマンにとっては必須アプリといっても過言ではないかもしれません。

 

 

comm(コム)

comm comm
DeNA
iPhone版
Android版
機能は初期のLINEのような感じで、 大きな特徴としてcommを使用していない方ともcommを利用してメールでやりとりできる、実名登録(本名)があります。 commの詳しい使い方はコチラから。DeNA自体にあまりいい印象を持ってない人がいるのも事実で、一部の人からは微妙に批判されているこのcommですが、音声品質時代はLINEよりマシなので無料通話目的で利用してみてもいいかもしれません。

 

通話品質:★★★★

通話品質が良いのが売りだけあってLINEよりは高品質で安定して通話できます。

 

 

チャット:★★★

LINEのチャットと大差ありません。スタンプが無料で全て利用できますが、種類(タイアップなどの有名キャラなど)はまだまだ少ない状態です。

 

 

利用率:★★★

開始一ヶ月強で100万人を超える利用者数。DeNAのモバゲーは4000万人。現在の利用者数は他のアプリより特別多いわけではないのですが、 運営会社のバックボーンを考えると今後急速に伸びる可能性あります。

 

 

総合評価:★★★

高品質の通話をウリとてスタートしたcomm。メールの変わりにLINEでチャットといった文化が定着しつつある状況で通話に目を向けたのは素晴らしいが、そこまで高品質かといわれると、正直疑問視せざるを得ない。ただモバゲーを運営する会社なので今後急速にインフラが整う可能性もあるし、 会員が一気に増える可能性もある。今後楽しみなアプリではある。

 

 

Skype(スカイプ)

skype Skype
マイクロソフト
iPhone版
Android版
パソコンを利用している人なら一度は耳にしたことがあるはずです。海外の人との無料通話といったらスカイプしかないといっても過言ではありません。 もちろん国内でスカイプから他社携帯や固定電話にかける場合もプランを選べば携帯より安くすみます。050からはじまる電話番号も持てますので 、本格的に通話ツールとして利用ができるのは他のアプリと違う強みでもあります。Skypeの詳しい使い方はコチラから。

 

通話品質:★★★★★

通話品質でSkypeに勝てるアプリはないかと思います。端末によっては通話中にアプリが落ちやすいという難点がありますが、それを加味しても優秀です。海外の人との通話でもほとんど遅延がありません。

 

 

チャット:★★

いわゆるエモティコンが昔からあまり変わっておらず、LINEのようにイラストスタンプを貼ることもできない。ビジネス用途としても使われているので、あまりその辺のバリエーションは増やす気は無いみたいです。

 

 

利用率:★★★★

世界的なシェアはありますが、日本でのアプリ利用率はLINEには負けている印象。パソコン利用者が多いのでパソコンとスマホで併用して利用している人が多いアプリです。

 

 

総合評価:★★★★

シンプルに通話だけを考えるならおすすめのアプリ。チャット機能も重視するとなるとスタンプがない時点ではあまりおすすめできません。 実際に利用している方でもLINEやcommでチャット、通話はSkypeといった利用パターンが多いようです。利用するのにIDが必要なのですがフリーアドレスで 作成できますので、用途別に使いたいという方にはお奨めです。

 

 

カカオトーク(KakaoTalk)

kakao カカオトーク
Yahoo! JAPAN
iPhone版
Android版
2012年10月23日にYahoo! JAPANと提携して注目されたアプリ。本国韓国では超有名アプリ。世界230ヶ国、7,000万人の利用者がいます。 カカオトークの詳しい使い方はコチラから

 

通話品質:★★

通話品質はLINEと大差がなくあまりよろしくない印象。使えてる人は使えてるみたいなので地域差や時間帯などに問題があるのかもしれません。

 

 

チャット:★★★

カカオトークもLINEと同様にスタンプが使えます。グループチャットも可能ですので、現在流行りの最低限の機能はだいたいカバーしてます。

 

 

利用率:★★

まだまだ利用者数は少ないといった印象です。Yahoo!JAPANが参入したのを機に、今後どのよのうに増えていくか注目です。 ただ、韓国語を勉強している人にとっては、必須アプリなのは間違いないでしょう。

 

 

総合評価:★★

正直いうと、可もなく不可もない無料通話アプリ。競争が激しい無料通話アプリでは、特筆すべき点がこれといって見つからないというのはやや致命的。 インフラも含めて大手企業のYahoo!JAPANのさじ加減でカカオトークの今後が決まってきそうです。

 

 

Viber

viber Viber
Viber Media
iPhone版
Android版
あまりメジャーではないかもしれませんが、海外ではすでに老舗の無料通話アプリ。 電話番号がそのままユーザーIDだったり、スマートフォンの電話帳をそのまま利用したり、LINEやスカイプなどの機能はだいたい盛り込んでいます。 初期設定をすれば、ログイン不要で無料で通話やチャットが可能です。

 

通話品質:★★★★

viber同士の通話はかなり優秀。利用者数の割にインフラがしっかりしているので通話で不満に思うことはまずありません。

 

 

チャット:★★★

グループチャット可。日本語にも対応しているので操作で困ることもほとんどないでしょう。

 

 

利用率:★

唯一の欠点といえば、日本での知名度の低さ。LINEやカカオを使っているスマホユーザーがほとんどなので、Viberユーザーを見かける機会は結構少ないかもしれません。

 

 

総合評価:★★★

無料通話に関しては抜群によいのですが、利用者数の少なさ、チャットの不便さを考慮すると、ちょっとおすすめできないアプリです。 とはいえ海外でのシェアはスカイプの次ぐらいにあるので、海外の知人などと話したいときはこのViberの安定した音質は重宝するはずです。

 

050plusは基本料金がかかるため、今回は除外させていただきました。しかし、MVNOで通話は050plusで運用しようと考えている人にとっては是非おススメしたい通話アプリですので、是非チェックしてみてください。

http://050plus.com/pc/index.html

 

また、上記アプリ以外にも、Tango、ReengoやOn Sayなどもあるにはあるのですが、知名度が低すぎることもあり、割愛させていただきました。何卒ご了承ください。

 

MVNOプラン比較
Pocket

Tagged

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>